取締役会長・プラム・プルーン
平田 克明
Katuaki Hirata
農業試験場で果物の研究をする仕事をしていたが、30年前に一年発起、先代の観光農園を継承し、この平田観光農園を立ち上げた。農園に150品種の果物が栽培されているのは、この人によるところも大きい。いつもどこにいるかわからないミスター神出鬼没さんなので、なかなか会えないが、果物の栽培のことならなんでも知ってるから、見つけたらいろいろ質問してみよう。秋には焼き芋コーナーで目撃情報が多い。
取締役社長・もも・プラム・プルーン
平田 真一
Shinichi Hirata
平田観光農園の3代目。先代が築き上げてきた日本屈指の観光果樹園というレールに乗ったとき、先代の筆舌尽くしがたい苦労と、それを克服してきた強靭な忍耐力を目の当たりにした。現在そんな苦労も知らずに育ってしまった自分を恥じ、恩返しするために奔走中。もう一方で、世襲農業の限界を感じ、会社組織で能力があるものがどんどん上に上がれる、多くの知恵を集結して困難を克服できる農業を目指している。友人から昭和50年製のスポーツカー(h)を預けられ手を焼いている。それでも妻よりは扱いが楽そうだ。
取締役常務・㈱果実企画 取締役社長・ぶどう
加藤 瑞博
mitsuhiro kato
類い希なる分析力と発想力を兼ね備える天才。見た目で誤解されることも多いのだが、それも面白いと一笑する。会長と同じ鳥取大学農学部卒。国立大学農学部を出て農業をしている人自体少ないが(かわりもの?)どちらがはたしてかわりものなのか分からなくなっている世の中も面白い。入社10年を待たず平田観光農園 取締役常務に就任、2009年には、日本初の国産レーズンを製造する会社「株式会社果実企画」 を立ちあげ代表取締役に就任、現在に至る。ちなみに彼の車はリフトアップしたランドクルーザーといって助手席がとても高いところにある。奥様が乗り降りたいへんなので、もう1台ランドクルーザーを買った。意味が解らない。
りんご・和なし・西洋梨・さくらんぼ・栗
小林 幸敏
yukitoshi kobayashi
平田観光農園で、りんご・なし・さくらんぼ・西洋梨・栗などを担当している。えーそんなに育ててるの!とびっくりされる方もいるだろうが、農業一筋40年のこの男は 「へっちゃらへっちゃら」とぜんぜん気にしていない。ツナギをこよなく愛する彼は、いろんな色のツナギを持っている。ありえない色も時々ある。きっとお客様と農園とをしっかり繋ぎたいとも思っているはずだ。
りんご・和なし・西洋梨・さくらんぼ・栗
八木原 勇士
日本を守るためにと海上自衛隊に入隊し、ヘリコプターの操縦士だったが、日本の安心安全は『食』からでしょ!って農業界に飛び込んできた。ある意味正しい。だが、農業をしようと、埼玉から広島県三次市を選ぶところ、 さすが、狭いところにランディングできるヘリコプター操縦士ならではである。ちなみに農園のスタッフ全員を並べて、「どの人が元自衛官でしょうか?」と聞けば、 回答者全員が正解しちゃうほど見た目と素行が自衛官なので、どんな農業人にかわっていくのか、これからが楽しみである。
りんご・和なし・西洋梨・さくらんぼ・栗
高場 美和
miwa takaba
仕事がめっちゃ早いし、仕上がりもいい。どうやら千手観音のように、手の数が普通の人よりやや多いらしい。ごはんもめっちゃ早く作ってくれて、これがまためっちゃ美味しいらしい。
㈱イチコト 取締役社長・いちご・いちぢく・ブルーベリー
田邉 純事
zyunzi tanabe
大学卒業の時、弊社就職を誘ったが、大手上場企業に就職。ずーっと「うちにおいで!」とテレパシーを送り続けたところ10年ぶりに実現!思えば叶うものだ。カープ初優勝の時の2番三村敏之を彷彿させるバントの名手。どんな 仕事でも、大振りすることなくきっちりバントを決める。 安心して任せることのできる男だ。
いちご・いちぢく・ブルーベリー・ぶどう・さつまいも
有益 祥子
syoko arimasu
大学時代にピースボートクルーズで世界一周を経験。さらに世界を見たいと、なぜか選んだのが南アフリカ。持前の根性と、何事にも動じないしぶとい性格で、一年間農業に取組み、無事日本に戻ってきた。名前が「あります」だけに、根性あります、気合あります、冷やし中華あります。なんでもポジティブ言葉に変えてしまう前向き娘。ただいまギター練習中。ただいま遠距離恋愛中のため、奏でる曲はもちろん「涙そうそう」。
もも・プラム・プルーン
中坂 昌平
syohe nakasaka
学生時代はバレー部キャプテンを務めたほどのスポーツ好き。その中でも野球が大好きで、プロ野球全12球団の分析は欠かさない。今年こそカープに日本一を。日本シリーズでカープ対ソフトバンクが見たいとか。ただいま肉体改造中。昼間も農作業で体を動かしているのに、夜もジムで体を鍛えている。体脂肪率は既に1ケタ台。地グロで、年がら年中まっくろ。ミスター日焼けサロンと呼ばれている。
ぶどう・さつまいも
金川 慎之輔
shinnosuke kanegawa
平田観光農園のさわやか笑顔王子の登場だ。とにかくしんどい時もつらい時も笑顔で「つらいです」っていうもんだから、「君M?」って思うこともあるが、とにかくいつもさわやかである。また油断すると半径1m以内のプライベートゾーンで笑顔をふりまいているから注意が必要だ。実は彼は学生時代、競歩の選手。思っているより早く笑顔で近づいてくるので、あっという間にみんな彼の笑顔のとりこになってしまう。寝ているときもたぶん笑顔であるにちがいない。
cafe noqoo
川口 智史
カフェnoqoo担当。入社早々、高倉健さんみたいに「自分、不器用ですから」って言ってくるものだから、caféの名前を居酒屋兆治に変えようかとも思ったが、高倉健ファンのみなさんに怒られそうなので、そのままにしている。確かに不器用だが、一歩ずつ努力を重ね仕事する姿に、この世に「できない」なんて言葉はいらないなって思う。
売店
近藤 万季
maki kondo
昔から農業大好きガール。ふつうにトラクターも運転したりする。いつも笑顔を絶やさずに、カエル・ヘビなどの爬虫類や、クモをはじめとする昆虫類もニコニコ顔でつかんでは、見せてくれたりする。結構迷惑な話だ。 もちろん、昆虫や爬虫類のみなさんも迷惑しているに違いない。 平田観光農園の笑顔大臣に会いに来て欲しい。
加工場
末國 周祐
syusuke suekuni
熊本で飲食店のマネージャーとして修行してUターン。 見た目は一休さんのようだが、「この橋、わたるべからず」と聞いて真ん中をわたる様なとんちは利かない。でも、橋を飛び越えようという根性と気合はいつも持っている。とにかく明るい末國君は気分の落ち込んだ時にそばに置いておきたい。
加工場
佐々木 香
kaori sasaki
青春時代バブル真っ盛りで、すっかり調子に乗って踊っていたが、大人になった今は、日々家族のことや、わんちゃんやねこちゃんに愛情を注ぐ。農園のMTS(マザーテレサシスターズ)のひとり。農園の若いスタッフの相談にもよくのってくれて、とても助かっている。
事務所
宮本勝昭
katsuaki miyamoto
平田観光農園の打たれ強いナンバーワンの事務長。幼少の頃から理不尽が友達という彼は、とにかくパワハラとか理不尽とかいう言葉がごちそうに見えるらしい。漫画ワンピースでいえば、トニートニーチョッパーのような存在。トニートニーチョッパーのように、ややおだてに弱い一面はあるが、仕事の性格さと速さは間違いない。
事務所
川上 愛
ai kawakami
平田観光農園の事務所の花。天然不思議キャラなので、生態はよくつかめていないが、とにかく編み物の達人である。あっという間にいろんなものが編まれていく。編み物は正確にゴールにいけるのだが、道となるとそうもいかず、いつも道に迷っているミス方向音痴である。
デザイナー
名原 佑果
yuka nabara
平田観光農園のデザイン担当。青春を舞台芸術に注ぎ、大学時代には合コンもせずひたすら舞台やアートの世界にどっぷり浸かっていた。見た目とはうらはらに、芸術を通じて人の生き様を見つめるなどアバンギャルドな人生を送っていたが、ふと「婚活も大切よね。」と現実的な思いに至り、ふるさと広島に戻ってきた。若いころにエディット・ピアフのシャンソンに出会い、デジタル化されてない声が聴きたいと、ネジ式の蓄音機「愛称:捨一さん」を手に入れ、SPレコードで聴くというこだわりよう。
竹間 由美
yumi takema
東京で照明の仕事をしていた元業界人。いわゆるブラックな業界で辛抱できただけあり、農作業もへっちゃら。田舎では人をスポットライトで照らすことはなく、太陽に照らされるという、まったく逆転した状態。日焼け止めクリームに余念のない毎日だ。
重信 澄子
sumiko shigenobu
平田観光農園最年長で、いつも明るいおばあちゃん。農園ではジャイアンのおかあさんと呼ばれている。
久保和美
kazumi kubo
とにかくきれい好きで、じっとしていることができない。農園のいろんなところに目を配り、若い人をつかまえては指導することも忘れない。社内では女常務直虎といわれている。
宇山 君江
kimie uyama
涼しい顔してさくさく仕事をこなす。この華奢な体のどこからこのエネルギーが出てくるのだろうと驚かされる。農園のMTS(マザーテレサシスターズ)のリーダー。命あるものすべてに愛情そそぐ。彼女の軽トラックのあとには、ブレーメンの音楽隊、いや今でいえばズートピアみたいな光景が広がっている。
上田 直子
naoko ueda
心が瀬戸内海のように穏やかで、きっとあまり腹が立ったり、へこんだりしない人だと思う。子育てとバレー部に燃えるがんばりやおかあさん。
田邊 恵里香
erika tanabe
きっちりした性格で、バシっと仕事をこなし、御主人と一緒の職場でもあり、内助の功だけでなく、外助の功(そんな言葉あるのか)も高い。子供と夫とカープをこよなく愛す。