果物の美味しい季節になりました!! 日が暮れるのも早くなり、季節の変わり目を感じる事ができる毎日です。 今日はあまり知られていないプルーンについてお話ししようと思います。 まず、「プルーンを知っていますか?」と聞いて帰ってくる答えが「ミ〇プルーンですよね??」というものです。 ミ〇プルーンはプルーンを加工して作ってある商品の名前になるので、少し違うんですよね・・・ プルーンはヨーロッパから入ってきたスモモのことを言います。品種によって色や形は様々ですが、全体的に青紫色や赤紫をしたものが多いです。 プルーンは緑色から紫色に色が変化し、そこから熟れてきます。なので、美味しそうな色をしていても、中はまだ熟れてなくてとても酸っぱい物が多いんです。結構皆さん、色に騙されて採って行っちゃうんですよね~ でも、完熟したプルーンはとても甘く、女性に大人気の果物なので是非、多くの人にこの味を知ってもらいたいと思い、美味しいプルーンの見分け方お教えします。 まず、木になっているプルーンは少し硬いものが多いです。これは、熟れて柔らかくなった実は下にすぐ落ちちゃうんです。なので、収穫したら1~2日ほど常温で置いて下さい。少しずつ柔らかくなり、皮にしわが寄ってきます。見た目は「えっ。これ、美味しいのかな」と思ってしまうかもしれませんが、だまされたと思って食べてみて下さい。これが完熟したプルーンなのです!!酸っぱいものがお好きな方は、収穫したてを食べてもらうのが丁度いいかと思います。酸っぱいと言っても、昔懐かしいすももの味です。まぁ、わたし、26歳なんですが・・・笑 この写真のプルーン、美味しそうですがまだ硬く、シワがないのでまだ酸っぱいです。 下の写真のように、シワが寄ってくると美味しくなってきた証拠になります。 (写真、分かりにくくてごめんなさい・・・) 違いが分かりましたか??なかなか写真だけでは分かりにくいですよね。 農園のスタッフに聞いてもらえば美味しいプルーンの見分け方をお教えしますので、是非ご来園の際はプルーンを収穫してみて下さい。 ちなみに、プルーン狩りは開催しておらず、チケット制のくだもの狩り『ちょうど狩り』で収穫して頂けます。今週の平日は美味しくなる為の休憩を頂いておりますが、16日の土曜日から復活いたします。